Days of a trip and Dole and the survival

Contour” タグの投稿

Contour+の望遠レンズ取付

現状保有しているContourの商品は
・ContourHD1080p
・Contour+
・Contour+2
この中で非常に不満だった製品がContour+である
発売当時の価格が45,000円、ウェアラブルカメラの中でも高価格設定だ
それが一年後にContour+2として機能が多少増え低価格化35,000円で発売される
結構頭にくるものがありますorz

まあ一番使い倒しているのがContour+なんですがサバイバルゲームで使っていると
広角レンズよりも望遠が欲しくなるんですよね
どの辺に当たってるのか、どこから撃たれたのか、銃本体に望遠のContour+
頭に広角のContour+2といった感じにしようと思ってます

幸いなことにContourに

20130801-102757.jpgはレンズキット#3400が出ていて、レンズに傷がついたときに交換できる物ですが
追加要素としてビデオカメラ用の37mmと43mmのレテコンバージョンが使えるのです
しかしながらこのレンズキット、ContourとContourHD1080pでしか使用できません
これは公式ホームページにて記載があります

20130801-103115.jpg

見た目はほぼ同じContourHD1080pとContour+、セールだったという事もあり実験間隔で分解装着

20130801-103255.jpg

20130801-103439.jpg
2mm程隙間があいてしまいますし、無理やり入れるとレンズカバーに内部のカメラ素子に当たるので問題です
厚み3mmの追加リングアダプタを作ってかませ外周をテーピングすれば剛性的には問題ないと思います

こういったオプション関係でContourシリーズはGoProに大きく差をつけられていると思います
新しい物を出すのはいいですけど各オプションの総数も少なく直ぐに廃番にしちゃいますし、部品の共通化も出来てないですからね、やれやれです

広告

Contourのバッテリー問題

Contourを使う上で悩まされるのがバッテリ関連の問題である
サバイバルゲームや他のスポーツの最中に『今一番輝いていると思える瞬間』が撮れていないのは最悪である
その多くの要因がバッテリー問題にある

自分で体感している問題とその対処/解決法を記載したいと思う

【充電問題】
通常充電する時はContourにバッテリを挿入し本体にUSBを接続して充電するがUSB給電の為、
非常に時間が掛かり複数個バッテリがある場合には一日掛かりになる
ちなみにContour純正のUSBバッテリー充電器(型番#3000)も発売されていましたが既に販売終了しています
あまりに速い販売収束に驚きと怒りが込み上げてきます

Contourの使用しているバッテリはBL-5C規格ですが、これの充電器が中々見つからないのです
私が何点か購入して一番よかったのが下図の商品です

YIBOYUAN製BL-5C充電器
価格も安く私はこれを2個使用して充電しております
Amazonで840円で気軽に買えるのもいいですね
充電時は赤いランプが点灯し、充電完了すると青いランプに切り替わります
USB充電と充電時間を比較した事が無いのですがAC電源の為確実に速いかと思います

もしくはMOMAX社の Smart Charger Standという2個同時にBL-5Cバッテリを充電出来る物もあるようです

【残量問題】
バッテリ残量をチェックする為にはContour+/Contour+2/ContourGPS(オプション)のスマートフォン連動で確かめるしか無い
それ自体も正確かといわれるとそうでもない30%の残量があったのに数分でバッテリが切れた事もある
原因を分けるために純正バッテリでも確認したが同様の事例が発生したことがある

BL-5Cの残量チェックする方法は見つかっていない他に見つかっていないため
バッテリに固体番号を付与して大まかな稼働時間を記載して使用しています
逆にチェックするのに良い商品などがありましたら情報をお願いします
コメント欄に記入いただければ確認した後に記事に追記させてもらいたいと思います

【バッテリ全般問題】
純正バッテリは3,000円と非常に高い、かと言って純正が高品質バッテリかと言うとそうでもない
既に購入した3つの純正バッテリのうち、使用半年で1つ液漏れをおこしている

一日撮影しようとするとバッテリーの数は10個を軽く超えます
3,000円 x 10個 = 30,000円と結構馬鹿げた金額になります
なので私は下のBL-5Cバッテリを購入してます

価格が800~940円くらいなので一括でたくさん買っても負担になりにくいです
今のところ問題なく使用できていますし撮影可能時間も純正バッテリーと同じです

ちなみに外部電源にするためには工作が気つようです、1番が+5、5番がGND、4番のIDへの電圧が+5Vが行っていれば良い。


動画

Contourの撮影設定

ContourTop
意外に撮影設定に関する質問があったので自分で何十通りも撮影テストをしてのサバイバルゲーム用の設定を記載します
機材はContour+のファームウェア1.34.3となってます
晴れ用モードで尚且つGPS使用し、できる限りバッテリーをセーブしてるモードです
通常のContourバッテリーで連続2時間の撮影が可能です
ちなみにMicroSDのFW_RTCが設定になりますが個々の機体のシリアル番号も記載されてるので
直接アップロードは行いません

//******************************************************
【Resolution(RES)】
1280×720 60fps
【Bitrate(BR)】
High
【Sharpness(SHRP)】
3
【Exposure(EV)】
0
【Auto Exposure(AE)】
Center
【Contrast(CTST)】
64
【Microphone Gain(MIC)】
33(dB)
【External Microphone Gain(EXT_MIC)】
40(dB)
【Silent Mode(SILENT)】
Enable Beeps
【GPS Power Management(GPS_PWR)】
On
【Record GPS Data(GPS_REC)】
Normal data rate (1Hz)
【AWB mode(AWB)】
Auto
//******************************************************

モード2はFullHDの高画質、GPS使用する物にしてます


Youtubeにモード1で撮影した動画をアップロードしました
使用している銃は東京マルイの次世代電動ガンCQB-Rなので銃の音が音が煩くならない用に本体マイクのボリュームを下げてます
変換するに当たって4000kbpsで動画を処理してますので画質は落ちているかと思います
またモード1を30fpsにして生放送配信を行う際にはLiveShellを使い配信を行っています
接続方法は下記のリンクをご参照ください
https://docs.google.com/drawings/d/1sjoguaXtzCXGRjbEbQr8g6FWnL63gZ6jmWrodx_-VgQ/edit
もうまもなくContour+2が届くので非常に楽しみです


Contour+さんとContour+2さん

Contour+が出てから一年でContour+2なる物が出るとは思っていなかったが個人的にどれくらいの違いがあるのか確認する為に書いてみた

検証・比較画像に関しては出張中なので後日追加させてもらいます

■基本性能
・本体サイズに変更は無く重さも150から155gであまり変わらない
・レンズは広角170度で-90から+180度角度を傾ける事が出来る点も変更ない
・撮影時間も2時間~2.5時間で変更ない、純正バッテリ規格もBL-5Cの1,070?mAhと変更無し
・ビデオフォーマットがMOVからMP4に変更
・デモ映像見たがホワイトバランスや露出などを最適化したというがそこまで画質が向上したように思えない
・ContourROAMに採用した電源をなくし録画スイッチ(スライドスイッチ)で電源が立ち上がる方式に変更
・撮影モードに854×480 でのスローモーションモードを追加
・Contour+では最大60fpsだったが最大120fpsを追加
・GPSなどの機能強化があり位置情報/速度/高度/距離が統合的にGoogleマップ上に表示されるが元々Contour+でも速度と高度は出ていたがより正確になった模様
・スマートフォンとBluetooth接続でプレビューを確認できたビューファインダー機能が進化し、録画中でも確認できるようになった
・電源投入がスマートフォンからも可能になった

■そこはどうなのContour+さん
・Contour+2とスマートフォン連動の機能に関してファームウェア更新でContour+でもビューファインダー機能が録画中に使用可能になるか開発元に現在問合せ中
・GPSのログの収集回数は最大秒間3回のままなのか
などなど

■添付品
・Contour+の時の添付品に加えウォータープルーフケースが標準テンプされたが個人的には欲しくないからピカニティーレールオプションを何とかしてくれ!と思った
 
総評としては、Contour+の経験を元にユーザーからの不満をできる限り解消したのがContour+2と言った感じだね

続報は開発元からの回答を待ってから更新加えます


Contour+さんがやって来た

20120801-114536.jpg

■旧型Contourと新型Contourの違いや長所
・最大の違いは『ConnectView』というスマートフォンでContourの設定や状態(バッテリーやメモリの残量)やプレビュー画面がBluetooth接続で見れる

20120801-120450.jpg

・MicroSDカードの最大搭載可能量が16GBから32GBに変更になった(これにより60FPSのヌルヌル動く動画撮りやすくなった)
・バックパネルがチョットだけ頑丈になった
・他のアクションカメラと比較して録音された音が綺麗に思う、バイクに乗る人は風切り音が悩みみたいですがGoProに比べ雑音入りにくいように感じます。またマイクの感度も調整可能だったかと思います。

パッと思いつく旧型と新型の違いがそれ位しかない
特に撮れればいいやというのであれば旧型のContourHD1080pが在庫処分で2万円切って販売されてたりするのでそれはそれでお買い得かと思う

■Contour+やシリーズ通してのダメな所
・ContourGPSとの性能差が『HDMI接続』『LiveViewカード標準添付』『平面170度広角レンズ(GPSだと130度)』『外部アナログマイク端子がある』なのだが価格差が大分あるように感じる
・バックパネルのHDMI端子カバーが微妙に小さくLiveShellの付属HDMIケーブルが干渉して挿さらなかったり、市販のケーブルでも挿さらない物があって微妙に困る
・撮影開始時やバッテリーの低下・メモリーカードの残量不足が全部同じアラーム音で分かりにくく撮影出来ているか不安になる
・オプションマウントがチョット微妙に不満がある、3Mの両面テープで貼る物があるが設置面積がもう少し広くてもいいのでは無いか?激しい動きをすると取れるんじゃ無いかと不安になる、20mmレールに装着出来るピカニティーレールがプラスチックで出来ていてカメラの溝にマウントを差し込んでマウントは20mmレールにねじ止めなのだが、溝にきっちりハマらないためカメラがカタカタと音をたてるのでアルミテープなどで厚みをだして解消するしかない、3000円のマウントなのに作りがお粗末だと感じる

■Contourをより良く使うために
・Contour純正のバッテリーは3000円高額なのでノキアやボーダーフォンなどの携帯電話で使用されている『BL−5C』というバッテリー規格がContourのバッテリー規格なのでこれを買う、Amazonや楽天市場で一個800円〜980円くらいで販売されている。私が購入した物の中身は国産のであった。
ちなみにバッテリー容量は純正と変わらず連続撮影時間も2時間半とあまり変わらないのである。

・Contour本体を使ってのバッテリー充電を止める。
個人的に使い方が荒いのか充電の口であるMicroUSBが緩くなる、所詮USB給電なのでバッテリー1個充電するのに2時間〜3時間くらいかかる、なのでBL−5C対応の充電器を別途購入する。Amazonで探せば800円くらいで中国製ですが販売されております。

取り敢えずザックリと記載しました、不満な部分はどの製品を使ってもあると思いますが、Contourは便利だし満足してますよ
今は内部の設定を煮詰めている最中です
暇がある時に画面交えて解説したいと思います
ご質問あればコメント頂ければできる限り答えたいと存じます。