Days of a trip and Dole and the survival

日光” タグの投稿

残念過ぎる日光の観光地

東武日光駅より片道5.2km徒歩1時間にその残念過ぎる観光名所がある

寂光の滝

レストランの開店までの暇潰しに事前の下調べも無く突如行く事にしたのが運の尽き
御用邸記念公園より片道2kmと書いてあったので「まあいいか、近くで滝も見たいし」と軽い気持ちで歩き出した

舗装された道で永遠に斜度2〜4度くらいの道が2km続き途中でこんなに遠くならさぞかし凄い滝なんだろうと絶対に見てやると励ましながら進んだ

途中で気がつくべきだった
時間は朝の7時過ぎくらいだが、観光客を1人も見なかったのだ

観光事務所があったのでようやく着いたと思ったそこで待ち受けていたのがこれ

20120903-145855.jpg

あまり整備されていない幅の狭い階段
登り切って出現した補修されてない神社
だがまだ滝は見えない

20120903-150143.jpg

そして天然の階段を下って現れるのがこの寂光の滝

20120903-150355.jpg

ん〜、誠に勝手なんだが、もっとダイナミックな物を想像していた
この水が飲めるかも解らないので滞在時間5分
また2kmの道のりを1人歩いて行く

よっぽどの滝マニアなら良いだろうが、普通に滝をちょっと見たいなら華厳の滝に行った方がいいねと思った

広告

夏の日光旅行(食い倒れ編)

20120903-140001.jpg

先日行った日光旅行の食に関して
まず水が美味しい場所なので地元の日本酒をチョイス
小瓶が500円くらいであって色々楽しめました、ツマミは時間が夜だったこともあって殆どのお土産屋がしまっていたため、ゴボウの溜まり漬けとコンビニで枝豆を買った位ですが非常に美味しかった

翌日朝5時から起きて温泉に入りホテルの朝食を食べようと思っていたのですが団体が入っている為に8時からと言われ、朝食券を破り捨てチェックアウト
街へ繰り出すと唖然、さすが観光地、ご飯屋さんがやって無い、しかも開店時間が何時からか記載が無い
仕方が無いので朝の6時に東照宮周辺を観光

20120903-140423.jpg

五重塔を巫女さんが掃除をしているので思わず撮影
写真を見たヤスPは巫女さんを最もデカく撮って欲しかったみたいだが、私としては風景ありきでの絵だと思うのでこうした

歩き回ること4時間、非常に微妙な観光地「寂光の滝」にも行ったがこれは別途記載させてもらう
日光市内に戻って来たが10時なのにやってない、土日で稼いだから月曜日は休みなのか?と疑いたくなった。
そして朝から市内で無料で汲む事のできる天然水のみで生きていた僕はとうとう「ハンガーノック」状態
しかも財布の中身には小銭が一切なく、万札しかないために自動販売機で水しか飲む事もできない

ブユウデン!
ブユウデン!
ブユウデンデンデデンデンッ!

食べ物こだわり徒歩で10km
凄い、日光市内でハンガーノック

ブユウデン!
ブユウデン!

20120903-141109.jpg

どうしても美味しいもの食べたかったものの、動けなくては仕方ないので売店んで湯葉アイスを3個食べた。
ほのかな甘味でサッパリとした味わいでいっぱい食べちゃったよ。ちなみに1個320円なり。
結局、金谷ホテル関連のレストランでブランチ

20120903-143308.jpg

黒毛和牛のハンバーグは絶品でしたが大根おろしとレモンの和風ソースは酸味が強く、ソースをかけないままのが美味しいように感じた

20120903-143554.jpg

まだまだ飢えていたので、アップルパイと紅茶を追加注文
流石金谷ホテル、紅茶のミルクまで温められている、アップルパイにはレーズンまで入っている、食感も良く良い感じ、リンゴの香りも高くいいホイップはワザと甘さ控えめになってる、アプリコットみたいなジャムが焼きあがったあとに塗られてる?感じ
全部で3000円でしたが非常に満足

20120903-143904.jpg

帰り掛けに羊羹屋が沢山立ち並んでいたのでお茶を片手に一口羊羹を全店舗制覇

流石に食べすぎました


突然の日光旅行と訓練

20120823-122012.jpg

8月18日にアメリカより帰国し、19日から20日まで短い夏季休暇を取れる事になり急遽、日光の男体山に登る事になった
もう少し早く帰国出来ていれば大阪に遠征してりんざPと一緒にサバゲを楽しみたかったが、9月か10月に行く事にして日光へと向かった
タイムスケジュールを作り実行に即移したが、4時30分出発で東武日光駅に7時30分到着、男体山の麓である中禅寺湖には8時30分に到着、準備時間が殆どなかったため、肝心な食糧を調達していなかった
中禅寺湖にはコンビニエンスストアーは無く小さい商店が1つ、おにぎりとパンを調達し登山の手続きを行った。

目標タイムは行きが4時間、帰りが3時間に設定
登り始めて解ったが、中禅寺湖の標高は既に1269mでちょっと空気が薄くなってるためゼェゼェハァハァし始める。
この時点で背中に入れた15kg位の荷物を捨てたくなった
呼吸を整え三合目に到着

20120823-123554.jpg

非常に綺麗な風景を拝む事が出来た
身体を馴らす為に細かく休憩を入れ給水していたが、ここである事に気がつく、山道入口で巫女さんがいってた
「これから先に水は御座いません」
うん、背中のバックに入ってる水の量をチェックすると残り1.5リットル
まだ三合目…Oh 何かヤバげだ

登ってる途中、後ろからやたらペースの早い年配の登山集団がやって来る
何故か対抗心メラメラで追いつかれてたまるか!とハイペースで登る
気が付いたら山頂まで後少しとなっていた、だが急斜面に砂利道、物凄く脚に負担がかかる。

20120823-124531.jpg
片耳にイヤフォンを付けながらiPhoneで曲をランダム再生させていたのだが、この砂利道が現れた時の曲が平沢進さんの「Berserk」であった。
山頂までの登頂時間は予定より早い3時間20分
到着した時は物凄く暖かかったが、急に寒くなり長袖のジャンバーを着ながら食事をとっていた

隣で食事を取っているおじさんがお湯を沸かしながら温かいラーメンを食べているのを羨ましそうに観ながらパンをがっついていた。
本当は登りとは別の道で三本松まで行きたかったが登山口で巫女さんに同じ道で帰って来て欲しいと言われたので同じコースで下山開始
登りは膝への負担が大きかったが下りでは足首への負担が大きかったと感じる、まあ背中の荷物が重いですからね
それを考えると2時間30分は早かったんじゃないだろうか
ゆっくりと時間を忘れて風景を楽しむこともできたし、いい気分転換になった
ちなみに途中までContour+で動画を撮影していたもののメモリの容量不足で5合目で切れてしまったorz 残念