Days of a trip and Dole and the survival

スナイパー” タグの投稿

やっぱりアクセサリーか!?特殊部隊の三脚

Manfrotto (マンフロット)のフォト用製品カタログと最近の海兵隊の写真を見ていると疑問に思うことがある
refe_20140607_04

上の写真の通りだけど・・・
スポッティングスコープとライフル用で三脚を分けてるのか?
そんな面倒なことをするように思えない

901278_zpsfd790c05

こちらの写真ではセンターポールを90度にして使用している
これは同社製品の機能『Q90°センターポール』である、また地面スレスレまで雲台が下げれるのを『ローアングルアダプター』として記載しているが上位機種ではこの機能記載がなくても低くできる

機能用件としては
・脚直径が4段の物
・センターポールが90度になる『Q90°センターポール』を搭載
・水準器を搭載している
・最低高が約15cm以下

この条件で探すと
・Manfrotto 055CXPRO4 [最伸高170cm 最低高11.5cm 重量1.7kg カーボン製]
・Manfrotto 190CXPRO4 [最伸高146cm 最低高8.0cm 重量1.3kg カーボン製]

この2点しかない・・・アルミ製のは脚直径3段のものしかなく、安価に抑えるのなら
・Manfrotto 055XPROB [最伸高170cm 最低高10.0cm 重量2.4kg arumi
製]
・Manfrotto 190XPROB もしくは 190XPROL
になると思われます

ざっくりした価格は2014/08/01現在

Manfrotto 055CXPRO4 49,300円

Manfrotto 190CXPRO4 37,300円


Manfrotto 055XPROB 19,500円

Manfrotto 190XPROB 17,500円

こんな感じですかね、Amazon価格になってますが個人的には新品じゃなくても
中古品でもいいので仕入れたい所です
汚れなんてどうせ一部は塗装してしまうので問題ないのです

次は手持ちにある風速計特集か微妙なスナイパー用のアイテム紹介にしたいと思いますが需要あるんですかね・・・


ギリースーツは水に浸かるのも仕事のうち

先日バトルシテイーの業界交流会に御呼ばれしたときに30度を超えて暑かったので入ってみた
数年前からやってみたいとは思っていたのですが、やはり気持ちがいいものです

DSC02291

DSC02289

DSC02285

DSC02294

イメージとしては映画『Act Of Valor』(邦題Navy SEALs)のワンシーン

トレイラーの0:38からの水中からの潜入シーンである

m0000000690
これである

Photo0001
撮影した画像を手抜きだが合成してみた
うん、画角があってないなw

DSC02298
感想としては13時くらいに入ったが午後のゲームは非常に涼しく過ごせた
ダンプポーチの水抜きがジュードと葉っぱで塞がってて水抜けずに重かったorz
特に不便さは感じなかったが・・・乾かすのが非常に面倒だったよ主に靴が・・・

DSC02301
機会があるなら湖とかを泳いでみたいけどね


サバゲに必要?特殊部隊の三脚

自分のやっているMARSOC / Force Reconや海兵隊を中心に使用されている三脚がようやく調べられました
特殊部隊は装備の自由度が高いのでこれだけを使っているわけではないと思いますが陸海空も使っていて
海兵隊のスナイパースクールや訓練、市街戦やアフガニスタンでの戦闘写真で利用しているのが多いのでいいと思うのですが・・・
refe_20140607_01
Manfrotto (マンフロット) 社のカーボンファイバー055CXシリーズ(055CXPRO4JPが多い)


Manfrotto 055CXPRO4JP

現在販売されている新055シリーズだとオシャレなエンブレムとかが付いて、私としては邪魔なのですが
1世代前の055シリーズだとカーボンフレームで黒基調のシンプルな物になってます
日本国内にも代理店はありますが非常に高いです・・・実用性の無い小道具に流石に5万は出しにくいですorz
refe_20140607_02
使用写真と比較して特徴的なのはセンターポールの赤いマーク
あと三脚のストックを固定する留め金です


2012年のShotShowでHog Saddleの動画がありました、安定して射撃できているのが分かります

ついでにこの三脚は175度くらい脚が開き雲台の高さは8cmまで低くする事ができます
センターポールの長さが標準では長いので短い物に交換しているか切ったり
スポッティングスコープを低姿勢で見る為にセンターポールを90度曲げてます(ManfrottoProシリーズは曲げれる機構がある)
3/4 Scout Snipers keep an eye on the target
スポッティング用に055CXPRO4JP使ってます、4段タイプのカーボンタイプですが一番下のポールを外して使用してますね

refe_20140607_04
手前が2世代前の055シリーズだと思われる、奥のは3段タイプでカーボンかアルミかは不明、雲台はレバーの大きさからクラシックタイプだと思われるが数が多すぎて特定不明


水平グリップアクションボール雲台(322RC2)

これにクイックレバー付きの雲台(322RC2)とHOG Sadleを載せて使ってますが
これも人によって様々で322RC2以外にも同社の054/055/057シリーズを好きに使ってます

画像だと殆どがCBに塗るかテープを巻いてしまっているのでカーボンの半額で購入できる055XPROBJPでも良いと思います。


055XPROBJP

画像が多い055CXPRO4JPは4段ですが055XPROBJPは3段で収納サイズや重さは変わらない
HOG Sadle固定で有名な画像も3段を使っているみたいです
refe_20140607_05
土壁に穴を開けて標的を監視・射撃待機、スナイパースクリーンなどは長距離狙撃の時には邪魔になるので張らないもよう

refe_20140607_06
逆にこの体勢だと首が痛そうなんですが・・・

兎も角、これを持ち運ぶのに先に購入したガンスリンガーパックの側面に付けてます
またこれでバックパックが無駄に重くなったね・・・やったね


振り返ればギリースーツの山

ギリースーツを着てゲームをするようになって5年
試作したギリースーツの数がちょうど20着を超えました

20140116-121833.jpg
No.01【自作】ウッドランドBDU上下のOD及びウッドランド生地ギリースーツ【廃棄】
No.02【購入】ウッドランドBDU上下の海兵隊訓練用ギリースーツ(1000デニール)【未使用在庫】
No.03【自作】ウッドランドBDU上下のギリースーツ社ギリージュード仕様(夏用)【保管】
No.04【自作】ウッドランドBDU上下のギリースーツ社ギリージュード仕様(夏用)コールダイオール染め【廃棄】
No.05【自作】ウッドランドBDU上下のギリースーツ社ギリージュード仕様(夏用)コールダイオール染め【廃棄】
No.06【自作】ウッドランドBDU上下のモッシーオーク社リアルツリー生地3D縫い付け【保管】
No.07【自作】ウッドランドBDU上下のギリースーツ社ギリージュード仕様(冬用)コーヒー染め(草木染め)【保管】
No.08【自作】ウッドランドBDU上下の海兵隊ライトウェイトジュード50%仕様(夏用)【廃棄】
No.09【自作】マルチカム BDU上下のギリースーツ社ギリージュード仕様(冬用)【保管】
No.10【自作】ウッドランドBDU上下のギリースーツ社対赤外線コーティング仕様(夏用)
No.11【自作】ウッドランドBDU上下の麻袋自作ジュード染め粉調合依頼物仕様(夏用)【譲渡】
No.12【自作】ウッドランドBDU上下のギリースーツ社ギリージュード仕様(夏用)【譲渡】
No.13【自作】ウッドランドBDU上下のギリースーツ社ギリージュード仕様(夏用)【保管】
No.14【自作】ウッドランドBDU上下のギリースーツ社ギリージュード仕様(夏用)【廃棄】
No.15【購入】モッシーオークギリースーツ【未使用在庫】
No.16【自作】沖縄オードナンス製ハブフード(CB/ロングタイプ)ギリージュード社仕様(冬用)【使用中】
No.17【自作】沖縄オードナンス製ハブフード(CB/背抜きタイプ)ギリージュード社仕様(冬用)【保管】
No.18【自作】沖縄オードナンス製ハブフード(OD/ロングタイプ)ギリージュード社仕様(夏用)【使用中】
No.19【自作】沖縄オードナンス製ハブフード(OD/ロングタイプ)ギリージュード社仕様(夏用)【保管】
No.20【自作】沖縄オードナンス製ハブフード(CB/ロングタイプ)ギリージュード社仕様(冬用)【保管】+バックパックカバー

増えたなー・・・ギリースーツに幾ら金掛けてるんだよ・・・
冬用のギリースーツはもう突き詰めたのでNo16とNo20を使えば良いと思ってますが
夏用は本当に難しいですね、配色もそうだし自然界の色に加え形なんかも・・・
染め粉も国内海外で販売している物を試し検証、草木染めも染め元に行き染めてもらったりしました
素材がギリースーツ社の海兵隊納品と同じ物を使ってますが色斑があるのは当然で
過去数年間半年ごとに主要なジュードを入手して分析しましたが基本の未塗装の色にバラつきがあり
白っぽかったり茶色っぽかったりするので同じ染め粉を使っても同じ色になりませんでした
データは写真とRGB値で取ってますが公開するつもりもありません

夏で想定してるのは
・竹や笹の多い地形
・平坦地形で雑草が生い茂る明るい場所
・平坦地系で草木が生い茂る暗い場所
・市街地フィールド

20140116-122010.jpg
最近だと草木の高さが20~30cmで2畳分のスペースがあればそれなりに隠れられてると思います
昔はゲームでヒットを取るのが楽しかったですけど、ここ2年近くはより敵に接近し発見されないで敵を倒す方に
楽しみが移ってますね、ギリースーツ着て敵に踏まれたり、50cmまで接敵されてヒットを取るのは至高になりつつあります
近ければ当然相手に痛みを与えるので足を撃つように心がけてます

今期は銃の擬装に力を入れるつもりです
銃の塗装などは行って貰ったりしていますが、さらに銃のシルエットを消す努力をすべきだと感じております
話を聞いて確証は持っておりましたが、海兵隊のMARSOCにも沖縄オードナンスのハブフードが使われている事が写真で確認できましたし
ARES製 M110(SR25)やVFC製M40A3(A5化キットはまだ未発売)も購入したので、今期もギリースーツを極めに行きたいと思います

臭い付けも大切と聞きましたけど、サバイバルゲームですし御勘弁下さいorz
クマ用の草食動物用の臭い塗布スプレーは持ってますけど絶対に使う予定は御座いません