Days of a trip and Dole and the survival

6月, 2014 のアーカイブ

夏の娘との登山計画(概略編)

「DDな娘と一緒に登山しよう」という安直な発想から計画

以前に1/6サイズ娘と一緒に那須岳~三本槍岳を撮影しながら走破しましたが
今回は1/3サイズのDD娘です、さてバックパック容量は大丈夫だろうか・・・
20140529-111604-40564181.jpg


娘用バックとアウトドア用のバックはコレ

登山予定の山は『谷川岳』か『武尊山』です
電車で行く事を考えると『谷川岳』かなと思います、『武尊山』はバスのアクセスが・・・

始発電車で考えると
[地元駅](04:35発)

[高崎駅](06:55着)

[水上駅](08:14着)
↓関越交通③谷川岳ロープウェイ行(08:25発/670円)
[谷川岳ロープーウェイ駅](08:45着)
【コインランドリー】
・体駐車場の2階(男性用)
・ベースプラザのスロープ部分
・ビューテラスてんじん

約4時間の旅・・・行動開始は09:00想定

■登山ルート
20140609_mountpro
[登山口(西黒尾根)](09:00発)
↓150分(撮影時間30分想定)
[ラクダのコル](12:00着)
↓80分
[トマノ耳](13:20着/14:00発)
↓10分
[肩の小屋](14:10着)
↓20分
[天神ザンゲ岩](14:30着)
↓60分
[避難小屋(熊穴沢)](15:30)
↓40分
[ロープウェイ山頂駅](16:10着)
↓約20分
[谷川岳ロープーウェイ駅](16:30着)
↓20分+α
[土合駅](17:00着)

上越線下り終電20:45
上越線終電18:21登り
日の入り18:52(7/26日想定)

撮影に気を取られて下山できないのは以ての外なので
タイムスケジュールに余裕が無ければ撮影無しで帰還優先

田尻尾根は山頂から下りは90分想定で考えると[避難小屋(熊穴沢)]を16:30に到達していないと
日が出ている状態での下山は難しいかな、山だからもっと日の入りは早いだろうし夜間装備も充実させておこう

今回はそこまでホテルにお金を使いたくないし、上り電車は終電が早いので新潟方面で宿をとります
・エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)
・ホテル バレ・ヴィラージュ

のどちらにするかな・・・

翌日の交通の便や朝食の質を考えちゃうとエンゼルグランディアの方がいいとおもいますが
部屋個別のインターネット回線が無いとの事でなんとかしないと・・・

それにしてもさ・・・和室だから娘の浴衣とか買わないとーーーーーー荷物が増えるorz
結構一人旅?(娘もいるから2人旅か?)大好きですけど一緒に屋外撮影とか単純にアウトドア行こうぜ~などお誘いありましたら
行きたいです!orz

本年度は恐らく全日程の15%くらいは海外にいると思われるので何とも言えませんが・・・

広告

サバゲに必要?特殊部隊の三脚

自分のやっているMARSOC / Force Reconや海兵隊を中心に使用されている三脚がようやく調べられました
特殊部隊は装備の自由度が高いのでこれだけを使っているわけではないと思いますが陸海空も使っていて
海兵隊のスナイパースクールや訓練、市街戦やアフガニスタンでの戦闘写真で利用しているのが多いのでいいと思うのですが・・・
refe_20140607_01
Manfrotto (マンフロット) 社のカーボンファイバー055CXシリーズ(055CXPRO4JPが多い)


Manfrotto 055CXPRO4JP

現在販売されている新055シリーズだとオシャレなエンブレムとかが付いて、私としては邪魔なのですが
1世代前の055シリーズだとカーボンフレームで黒基調のシンプルな物になってます
日本国内にも代理店はありますが非常に高いです・・・実用性の無い小道具に流石に5万は出しにくいですorz
refe_20140607_02
使用写真と比較して特徴的なのはセンターポールの赤いマーク
あと三脚のストックを固定する留め金です


2012年のShotShowでHog Saddleの動画がありました、安定して射撃できているのが分かります

ついでにこの三脚は175度くらい脚が開き雲台の高さは8cmまで低くする事ができます
センターポールの長さが標準では長いので短い物に交換しているか切ったり
スポッティングスコープを低姿勢で見る為にセンターポールを90度曲げてます(ManfrottoProシリーズは曲げれる機構がある)
3/4 Scout Snipers keep an eye on the target
スポッティング用に055CXPRO4JP使ってます、4段タイプのカーボンタイプですが一番下のポールを外して使用してますね

refe_20140607_04
手前が2世代前の055シリーズだと思われる、奥のは3段タイプでカーボンかアルミかは不明、雲台はレバーの大きさからクラシックタイプだと思われるが数が多すぎて特定不明


水平グリップアクションボール雲台(322RC2)

これにクイックレバー付きの雲台(322RC2)とHOG Sadleを載せて使ってますが
これも人によって様々で322RC2以外にも同社の054/055/057シリーズを好きに使ってます

画像だと殆どがCBに塗るかテープを巻いてしまっているのでカーボンの半額で購入できる055XPROBJPでも良いと思います。


055XPROBJP

画像が多い055CXPRO4JPは4段ですが055XPROBJPは3段で収納サイズや重さは変わらない
HOG Sadle固定で有名な画像も3段を使っているみたいです
refe_20140607_05
土壁に穴を開けて標的を監視・射撃待機、スナイパースクリーンなどは長距離狙撃の時には邪魔になるので張らないもよう

refe_20140607_06
逆にこの体勢だと首が痛そうなんですが・・・

兎も角、これを持ち運ぶのに先に購入したガンスリンガーパックの側面に付けてます
またこれでバックパックが無駄に重くなったね・・・やったね