Days of a trip and Dole and the survival

6月, 2013 のアーカイブ

沖縄オードナンス製 夏用ギリースーツ

4月中旬以降、千葉の各フィールドでは緑が生い茂り始め
秋冬用のギリースーツでは植生が合わなくなってきたため
ODカラーベースのメッシュギリースーツを頼もうと思ってたのです
沖縄オードナンスさんのブログでレインコートタイプのODカラーギリースーツが
ある事は知っていたのですが、超暑そうなのでメッシュタイプを希望していたのですが
TAYLORandSTONER(テイラーアンドストーナー)に問い合わせたところ
「ODのメッシュ生地が無いからODのギリースーツ作れてないらしい」との事で
海兵隊にも納品されていないらしい

そんな茶飲み話をTAYLORandSTONERでしていたのですが
とりあえずODのメッシュ生地を探してみようという事で探して貰い、漸く発見できたため
メッシュ生地を沖縄オードナンスさんに送り出来上がったのがコレでロングタイプです

20130620-102340.jpg
自衛隊と海兵隊の装着時の音を消したいとのご要望により留め金がITWのバックルから
ITWのGフックに変更されておりました。
製造ロット毎に要望に答え改修されたり、素材が少なくなった事により微妙に作り方が変わりますが・・・
今回のギリースーツですが

[良い点]
・メッシュのホールが大きくなったため涼しく、強度は500デニールくらいで前回のTANカラーギリーベースより軽いです
・メッシュのカラーはレンジャーグリーンで良いのだが、光沢が若干あるのが残念
・フードに2か所絞りが入れる事ができる紐が追加された為(前回はフードの淵だけ)ずり落ちにくくなった

[悪い点]
・留め金がGフックになったのに合わせてゴムバンドになったのでギリーベースに4ポンドくらいジュード(麻紐)を取り付けると延びる
・ゴムバンドなので劣化が・・・この点は他の方も指摘があったので今後改善されるとは思う
・手首/脇など絞りが入れれるようになっているが、前回ゴムバンドからパラコードに変更されて良かった反面、紐を通す穴を作るのに使われている生地が硬いので余り絞れない

前回同様にジュードは海兵隊が採用しているギリージュード社のジュードを2種類を金ブラシで擦りボリュームアップさせたり色染め液を霧吹きで掛けてミョウバンで色止めしたり、
防炎処理してから付けております
(防炎処理は月に1回もしくは洗濯後にやらないと効果がありませんのでご注意)

そんな訳でGフックからバックルに変更し、ゴムバンドからベルトに変更しました~
ゴムバンドの方が肩を動かしやすいとの事ですが私としてはプレキャリ(JPC)を着た上からギリースーツ着ているのでベルトのが安定します
あとはハートロックまでにスコープが購入できるかな~
それ次第で参加の是非が決まるので引き続き連絡取らなくてはorz