Days of a trip and Dole and the survival

沖縄オードナンス製ギリースーツさん投入

前々からプレキャリの上に羽織るタイプのギリースーツが欲しいと思い

沖縄オードナンス製のギリースーツベースをTAYLORandSTONER(テーラー&ストーナー)さんで購入
3万は高い!もうちょっと足せばVFCのHK416買えちゃうじゃんwと思いながら
・素材購入する費用
・パラコードの軸抜きしてベースに縫い合わす作業時間
これを考えると購入したほうが得策だと考えました
じっくり見てみるとメッシュ生地にパラコードを縫い合わせてからフードとか作ってるのでフードの縁にパラコードが来てジュードを装着できない箇所があったりする
海兵隊のスカウトスナイパー御用達ということで耐久性の検証のためにハンガーにかけて体重58kgの私がぶら下がって見ましたがハンガーが壊れただけでした
ついでに銃のギリーカバーも製作

今回は秋冬モデルにするので枯れ草を纏う感じにします
ジュードはコーヒーの麻袋を解体して作っても良かったんですが時間が無かったので買い置きしてある
アメリカのギリージュード社のジュードを使用
色合い調整のために4ポンドのうち1.5ポンドを『コーヒーand泥染め』しました
染粉が無かったんですねorz色止めには大正製薬のミョウバンを使います
まずコーヒー(お中元に貰ったコーヒーを300g)で30分煮込み、30分寝かす
大量の水で洗い流し、ハーブを育てるために使ってた土で泥を作り30分漬け込み
そのままミョウバンで色止めして完成

並行して夕食のビーフシチューを製作中なのであるが
ギリーベースにジュードを結んでいくこと5時間くらい・・・完成


フードには現地の草を結びつける予定になってるので首から肩を重点的に付けました
人のシルエットを消すためです

あと毎回顔を塗るのは面倒なんでブーニーハットに顔を隠すための布を付けてみましたが
ゲームで使ってみて失敗作だと判断、ツバの端っこに付けたので眼と布の穴に距離があり
視界が確保できない、改善点としては布の取付位置を手前に持ってくること

それにしてもダイソーで販売されているタンカラーのベルクロは非常に便利!
非常に強固に付くしテープ付いててすぐに布地に付けれるのもいい!

ゲームで本ギリースーツを使ってみた感想ですが上々です
草木の側で体勢を低く保っていれば3mでも気が付かれませんでしたね
改良しなければいけない点は何点かありますがいい感じにできたと思います

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中