Days of a trip and Dole and the survival

9月, 2012 のアーカイブ

Contour+さんとContour+2さん

Contour+が出てから一年でContour+2なる物が出るとは思っていなかったが個人的にどれくらいの違いがあるのか確認する為に書いてみた

検証・比較画像に関しては出張中なので後日追加させてもらいます

■基本性能
・本体サイズに変更は無く重さも150から155gであまり変わらない
・レンズは広角170度で-90から+180度角度を傾ける事が出来る点も変更ない
・撮影時間も2時間~2.5時間で変更ない、純正バッテリ規格もBL-5Cの1,070?mAhと変更無し
・ビデオフォーマットがMOVからMP4に変更
・デモ映像見たがホワイトバランスや露出などを最適化したというがそこまで画質が向上したように思えない
・ContourROAMに採用した電源をなくし録画スイッチ(スライドスイッチ)で電源が立ち上がる方式に変更
・撮影モードに854×480 でのスローモーションモードを追加
・Contour+では最大60fpsだったが最大120fpsを追加
・GPSなどの機能強化があり位置情報/速度/高度/距離が統合的にGoogleマップ上に表示されるが元々Contour+でも速度と高度は出ていたがより正確になった模様
・スマートフォンとBluetooth接続でプレビューを確認できたビューファインダー機能が進化し、録画中でも確認できるようになった
・電源投入がスマートフォンからも可能になった

■そこはどうなのContour+さん
・Contour+2とスマートフォン連動の機能に関してファームウェア更新でContour+でもビューファインダー機能が録画中に使用可能になるか開発元に現在問合せ中
・GPSのログの収集回数は最大秒間3回のままなのか
などなど

■添付品
・Contour+の時の添付品に加えウォータープルーフケースが標準テンプされたが個人的には欲しくないからピカニティーレールオプションを何とかしてくれ!と思った
 
総評としては、Contour+の経験を元にユーザーからの不満をできる限り解消したのがContour+2と言った感じだね

続報は開発元からの回答を待ってから更新加えます


サバイバルゲーマー的コンセプトマンション

独り身の癖にそろそろ家が欲しいと色々見て回ってるが
理想と現実の乖離が激しい
基本的には一軒家を購入希望なんだがコンセプトマンションも面白そう、例えばペット好きが集まったマンションなどは結構あるが、自分の趣味の一つであるサバイバルゲームをコンセプトとしたマンションは無いんですかね
はい、無いですね

そこで勝手に妄想を膨らませてみた
■マンション共有部
・地下一階に40mのシューティングレンジがある
・弾とかガスを購入できる自動販売機がある
・むしろ一階にミリタリーショップが併設されてる
・関東近郊のフィールドの現在の天気が常に表示されてる
・遠くから来るの仲間の為にゲストルームがある
・装備自作するための工作室がある
・交通費を浮かせる為に乗り合いを募集する掲示板がある
・何故か中庭にキャンプ場がある

■部屋
・トランクルームという名の武器庫がある
・傷付きにくいフローリング
・BDUを乾かす為に乾燥機が備え付け

■イベント
・月に1度マンション管理組合主催のゲームが開催される

■入居者会議で話題になる事、問題点
・屋上からラペリング降下する奴が現れ騒動に
・ゴミ捨て場の燃えないゴミのスペースが足らない
・土日の早朝はエレベーターが大混雑
・とうとうマンション内でゲームが開催されちゃう

こんなところ?


ヨルムンガンドのHCLI社社員証を作ってみた

アニメ『ヨルムンガンド』がもうそろそろ2期目やるということで特に暇を持て余していたわけでも無いがHCLI社の社員証を作ってみた
大本は購入特典で付いていた奴を元に再現、裏面は勝手に作ってみた
住所を仮想ので作るのが面倒だったので欧州中央銀行の住所とTELEXを一部伏字にして採用
2次元バーコードは自分のブログのURLとかにしてみました

HCLI_Identification_card

とりあえず一枚プラスチックカードで作ってみようかなと思ったり
それよりも名刺の方の挿絵のほうを描かないとorz


9月1日バトルシティーユニオン定例会

20120905-161706.jpg

久し振りにバトルシティーユニオンの定例会に参加
M4 CQBーRとVSR10を持ち込んだ、重さを物ともせずいつも通りプレキャリ装備
千葉県北西部に住んでいるが多くのサバイバルゲームフィールドは千葉市か印旛沼近くにあり行くためには成田街道の通行が必要なのだが、どうやら北総開発鉄道に平行して走っている道路が拡張工事されたみたいだ、非常に走りやすい。

それにしても7時半にフィールド正門に到着してしまったよ
開門まで暇なので気分を盛り上げるために車内でブラックホークダウンを視聴、何度見ても「援軍は?」「俺たちさ」のシーンがカッコ良い

午前中のゲーム内容はまあまあ
突っ込みすぎて行った先で撃たれるケースが多かったので反省
昼食は夏らしく素麺を茹でて食べたがギンギンに冷やしたので美味かった
午後一発目からはフィールドを把握していたので裏突けたり楽しかったね
調子に乗って敵陣の後方から攻めてたらリスポーンポイントまで到着してて、申し訳ない無い気持ちで一杯になったので中央に突出して敵を道連れにして終了

暑かった事もありWAのMEUの調子にが頗る良かった
ただしマガジンの未調整なのが多かったので速攻でショップに修理を依頼、次のゲームまでには全部使えるといいな

それにしても相手の裏をかくために静かに行動しているのに大声で「敵どこにいますか?」とか聞いて来るのは勘弁して欲しい

噂では「ラクーンシティーユニオン」などと物凄く硬い敵が出現するとの事だったが、今回はそんな事なかった
まあヒット後にマガジンを外し両手を挙げて交戦地点を避け建造物の近くを通る場合には「ヒット通るよー」と声をかけながらセーフティーに退去していたのだが、複数人からフルオートで撃ち込まれたorz
一回だけなら仕方ないが複数回は勘弁して欲しいよね

腰回りの筋肉がまだまだ付いてこないからもう少しジムで意識持ってやろうかな
脚周りはもういいから肩と腰の強化だ!


残念過ぎる日光の観光地

東武日光駅より片道5.2km徒歩1時間にその残念過ぎる観光名所がある

寂光の滝

レストランの開店までの暇潰しに事前の下調べも無く突如行く事にしたのが運の尽き
御用邸記念公園より片道2kmと書いてあったので「まあいいか、近くで滝も見たいし」と軽い気持ちで歩き出した

舗装された道で永遠に斜度2〜4度くらいの道が2km続き途中でこんなに遠くならさぞかし凄い滝なんだろうと絶対に見てやると励ましながら進んだ

途中で気がつくべきだった
時間は朝の7時過ぎくらいだが、観光客を1人も見なかったのだ

観光事務所があったのでようやく着いたと思ったそこで待ち受けていたのがこれ

20120903-145855.jpg

あまり整備されていない幅の狭い階段
登り切って出現した補修されてない神社
だがまだ滝は見えない

20120903-150143.jpg

そして天然の階段を下って現れるのがこの寂光の滝

20120903-150355.jpg

ん〜、誠に勝手なんだが、もっとダイナミックな物を想像していた
この水が飲めるかも解らないので滞在時間5分
また2kmの道のりを1人歩いて行く

よっぽどの滝マニアなら良いだろうが、普通に滝をちょっと見たいなら華厳の滝に行った方がいいねと思った


夏の日光旅行(食い倒れ編)

20120903-140001.jpg

先日行った日光旅行の食に関して
まず水が美味しい場所なので地元の日本酒をチョイス
小瓶が500円くらいであって色々楽しめました、ツマミは時間が夜だったこともあって殆どのお土産屋がしまっていたため、ゴボウの溜まり漬けとコンビニで枝豆を買った位ですが非常に美味しかった

翌日朝5時から起きて温泉に入りホテルの朝食を食べようと思っていたのですが団体が入っている為に8時からと言われ、朝食券を破り捨てチェックアウト
街へ繰り出すと唖然、さすが観光地、ご飯屋さんがやって無い、しかも開店時間が何時からか記載が無い
仕方が無いので朝の6時に東照宮周辺を観光

20120903-140423.jpg

五重塔を巫女さんが掃除をしているので思わず撮影
写真を見たヤスPは巫女さんを最もデカく撮って欲しかったみたいだが、私としては風景ありきでの絵だと思うのでこうした

歩き回ること4時間、非常に微妙な観光地「寂光の滝」にも行ったがこれは別途記載させてもらう
日光市内に戻って来たが10時なのにやってない、土日で稼いだから月曜日は休みなのか?と疑いたくなった。
そして朝から市内で無料で汲む事のできる天然水のみで生きていた僕はとうとう「ハンガーノック」状態
しかも財布の中身には小銭が一切なく、万札しかないために自動販売機で水しか飲む事もできない

ブユウデン!
ブユウデン!
ブユウデンデンデデンデンッ!

食べ物こだわり徒歩で10km
凄い、日光市内でハンガーノック

ブユウデン!
ブユウデン!

20120903-141109.jpg

どうしても美味しいもの食べたかったものの、動けなくては仕方ないので売店んで湯葉アイスを3個食べた。
ほのかな甘味でサッパリとした味わいでいっぱい食べちゃったよ。ちなみに1個320円なり。
結局、金谷ホテル関連のレストランでブランチ

20120903-143308.jpg

黒毛和牛のハンバーグは絶品でしたが大根おろしとレモンの和風ソースは酸味が強く、ソースをかけないままのが美味しいように感じた

20120903-143554.jpg

まだまだ飢えていたので、アップルパイと紅茶を追加注文
流石金谷ホテル、紅茶のミルクまで温められている、アップルパイにはレーズンまで入っている、食感も良く良い感じ、リンゴの香りも高くいいホイップはワザと甘さ控えめになってる、アプリコットみたいなジャムが焼きあがったあとに塗られてる?感じ
全部で3000円でしたが非常に満足

20120903-143904.jpg

帰り掛けに羊羹屋が沢山立ち並んでいたのでお茶を片手に一口羊羹を全店舗制覇

流石に食べすぎました